ボチボチLife・・・: 【HUBLOT】 Cal.4100(HUB4100)精度はいかに!?

2014年5月25日日曜日

【HUBLOT】 Cal.4100(HUB4100)精度はいかに!?

Piroです。

という訳で、相変わらず脱獄iPhone5は快適に使用してますが、新しいネタもなく・・

また時計ネタです。

先日購入した、HUBLOT BigBang スチールセラミック。

こんな箱入り

その後、ギャランティーで「HUBLOTISTA」なるものに登録してみたり。
USBカードリーダとギャランティーカード

で、この時計、心臓部とも言えるムーブメントはどんなかというと「HUB4100」という野が載ってます。

これ、ベースは超有名クロノグラフムーブメント「ETA7750(valjux7750)」。ベースと言ってますが、多分ほぼそのまま乗っけてます(多少のお化粧直しはされてますが・・)



ま、ありふれた機械ですし、おもしろみという意味ではあまりないのかもしれませんが、初めての機械式時計、しかも並行ものなんで、どこでもメンテナンスができる「ETA7750」ってのはありなんじゃないかな?と思ってます。

(何と言っても、機械云々以前に「ガワ」重視で選んだ時計なので)

とはいえ、時を刻み知らせてくれる時計である以上、精度っていうのは気になるもので(ちなみに前持ってた「コピーETA7750(21,600bph)」の精度は日差-20〜+60秒程度とかなり不安定でした)購入から約2ヶ月歩度計測を行ってみました。

その結果が以下です。
横軸は1目盛り1日、縦軸は1目盛り10秒

測定は基本1日程度、忙しいときは数日おきに行っています。

使用状況は10時間/日程度の着用です。

基本的に進み気味で調整されているのが解りますね。

ただ、多少の変化は有るものの、ほぼ安定した精度が出ている事が伺えます。
約2ヶ月使用したところ、平均日差は+4.11秒。個人的には大満足の安定感ですね。

2週間に1度時刻合わせをする感じです。


ちまたで「ただのガワ時計」といわれクロノメーター規格も通っていない「HUBLOT BigBang」ですが、これだけの精度が出てれば実用上も十分通用するかと思います。



今更感の強い時計ですが、個人的にまたまた好きになってしまったのでした。

以上、自己満足全開のレポートでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿