ボチボチLife・・・: 【HUBLOT】 BIGBANG 本物とコピー比較

2014年4月5日土曜日

【HUBLOT】 BIGBANG 本物とコピー比較

Piroです。

HUBLOT(ウブロ) BIGBANG Evolution 301.SM.1770.RXの本物とコピー品の比較してみます。

(ちなみにコピー品は中国広東省で入手、日本円で約20,000円のA級品です。)

まずは全体。

左がコピー、右が本物です。

ぱっと見はよくできてますね。

文字盤、風防、ベゼル、ケース。
コピー

本物

本物、コピーとも風防にサファイアクリスタルを使用していますが、本物はブルーコーティング+低反射加工が施され、視認性に大きく差があります。

また、文字盤もコピーはカーボンプリンとシール、本物はリアルカーボンパネルです。

カーボン柄の配列も違いますね。



ちょっとアップで。
コピー

本物

この角度で見ると、文字盤カーボン部分の厚みの差がよく解ります。

また、ケースのエッジも本物は微妙にC面加工が施してあるのに対し、コピーはエッジが立っています。


シースルーバックから見えるムーブメント。
コピー

本物

コピー品はETA7750のAsianコピーにHUBLOT風ローター。プレートや、緩急針周辺に違いが見られます。
仕上げや色目も微妙に違い、厚みもコピー品の方が若干厚くなっています。


ややアップで。

コピー

本物

ここは仕上げの差がかなり見られます。コピー品はネジ周りのプレスが甘く、表面仕上げも雑です。刻印もコピーの方が深く、字体にも若干違いが見られます。

ケースサイドもコピーはサテン仕上げがされていません。


リューズ、ボタン
コピー

本物

コピー品はリューズの厚みが若干厚く、表面もサテン仕上げが施されておらず、ピカピカしてます。また若干浮いている感じがします。

画像では解りにくいですが、ボタンのサイズも若干違います。


バックル
コピー

本物

こちらもコピー品の方が光沢があり、ベルト固定用ピンの逃がし形状が違います(コピー品の方が穴径が小さい)


このように、詳しく見れば違いは解りますが、全体的な印象としては「かなり良くできてる」といえます。

現物を見たことがなければ、Web上の本物の画像とコピー品を比較しても解らないレベルかも知れません。

HUBLOTの腕時計については日本国内でもWeb上でコピー品が大量に出回っています。

騙されないように注意してくださいね。

この記事がちょっとでも参考になればと思います。

以上。


※この画像撮影後、コピー品は廃棄しました。(ETA7750のお勉強にはいいサンプルだったんですけどね)









0 件のコメント:

コメントを投稿