ボチボチLife・・・: iOS7 裏ワザ?小技? 「電波強度を数字で表示する」

2013年10月10日木曜日

iOS7 裏ワザ?小技? 「電波強度を数字で表示する」

Piroです。

またまた超有名「裏ワザ」ですが、一応備忘録かねて、アップしておきます。

電波強度の表示が数値になってます。


iOS7の電波強度は基本的に○○○○●みたいな丸5つで表示されますが、実は内部ではもっと詳細に数値(デシベルdBm)拾ってます。

また、この丸5つってのが曲者でして、数値自体は同じでも、キャリアによって表示が違うんです。(たとえば数値で-85dBmの場合、あるキャリアではバリ5,あるキャリアでは4個、またあるキャリアでは3個表示となったりします。)

そこで、絶対値となるdBm表示をすることで、公平に電波強度を見られるようになるわけですね。


まぁ、その必要があるのかどうかは・・・・気にしないということで。



で、実際の方法ですが・・

「フィールドテストモード」というのを利用します。

※フィールドテストモードの詳細についてはググってください。いっぱい出ます。

1.フィールドテストモードに入る。

 電話アプリを立ち上げ、ダイヤルパッドで「*3001#12345#*」と入力し、発信します。


 すると、下の画像のように「フィールドテストモード」が起動します。
いろんな情報が見られますので、いじってみてください。


 この状態で既に電波強度が数値化されていますが、このままホームボタンでホームに戻ると、通常のアンテナ表示に戻ってしまいます。そこで・・・

2.フィールドテストモードが完全に起動した状態で電源OFF

 そのまんま、フィールドテストモードの状態で、ON/OFFボタン長押しして電源を切ります。

3.電源を入れる

 これもそのまんま。ON/OFFボタンを押して電源を入れます。

以上(笑

簡単ですね。

これで、通常使用中も電波強度を数値で表示できるようになります。
(ちなみにこの数値0に近いほど電波が強いってことになります)

数値部分をタップすることで、アンテナ表示⇔数値表示の切り替えが可能です。

元に戻すには再びフィールドテストモードを起動し、ホームボタンでホームに戻ればOKです。


以上、お試しあれ。

※個人的にはステータスバーのスペースが増えていいかな?とも思ったりしてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿