ボチボチLife・・・: 「Zephyr」+「Pull to Dismiss」の組み合わせが、個人的に最強

2013年4月12日金曜日

「Zephyr」+「Pull to Dismiss」の組み合わせが、個人的に最強

Piroです。

大人気脱獄Tweak「Zephyr」。Piroの中でも既に外せないアイテムとなっています。
(Zephyrの詳しい説明については、すばらしい紹介サイトがたくさんありますので、ググッてください)

が、

ひとつだけ、どうしても納得いく設定が出来なかったことがあります。それは・・

「キーボードが表示されている時の動作」

「画面下部を下から上へスワイプすることで、アプリの終了、マルチタスクの表示」を行うのが「Zephyr」の基本機能なんですが、キーボード上で入力方法変更をスワイプで行おうとすると「Zephyr」が発動し、アプリが終了してしまったり、フリック入力で「ん」を入力しようとしても、これまた「Zephyr」が発動してしまったり・・・・

設定で、キーボード表示時に「Zephyr」を無効化する項目もありますが、これを設定すると、当然キーボドが表示されるアプリ上では「Zephyr」が使えない・・・

↑設定画面。Keyboardの項目をDisabledでキーボード表示状態で機能しない。





そこでまず、「Zephyr」の反応領域を極限まで小さくしてみました。

まずは「Sensitivity」設定を「Tiny」にしてみたところ・・・・

↑設定画面


あかん。まだ誤反応します。



それなら!と、「Zephyr.plist」のこの辺りをごにょごにょして・・・

↑赤枠の中が「Tiny」の反応エリア。デフォルトは「15」


反応エリアを狭くしてみました。

が!今一・・・・。

試行錯誤した結果、「12」以下では「Zephyr」自体使い物にならず、「13」で落ち着くも、まだ誤反応は無くなりません。


そこで考えました。「アプリ終了前にキーボード消せば良いジャン」



ということで登場「Pull to dismiss

キーボードが表示されるアプリで、画面中央付近から下スワイプするとキーボードを消してくれます。


これと、「Zephyr」のキーボード「Disable」設定を併用することで・・

画面中央から下スワイプ

     ↓

画面下から上スワイプ

の2stepでキーボード表示アプリを終了することができるようになりました。

当然キーボードが出ている状態では「Zephyr」は機能しませんので、誤反応もありません。



またひとつ幸せになりました。(笑


0 件のコメント:

コメントを投稿