ボチボチLife・・・: 2013

2013年12月31日火曜日

【iOS7脱獄】「iFile」がバージョンアップ

Piroです。

iOS7脱獄が可能になってから、ずっとユーザー登録ができず、検索など一部機能が使用できなかったiFileですが、この度バージョンアップによりユーザー登録が可能になりました。

これにより、検索機能を含むすべての機能が使用可能となります。

以上、報告でした。

2013年12月29日日曜日

【iOS7脱獄】12/28現在動作している脱獄アプリ

Piroです。

iOS7脱獄環境、まだまだですが、一部動いているアプリもありますので、紹介します。

2013/12/28時点

デバイス:iPhone5 iOS:7.0.3

※一部のアプリ動作にはrpetrichリポ(http://rpetri.ch/repo/)の「RocketBootstrap」導入が必要になります。


・iFile(ver.1.9.1-1)

 言わずと知れた、iOSデバイス内のファイル操作、編集ができるアプリ。
 現状、ライセンス認証ができず、検索機能など一部の機能が使用できません。

・FlipControlCenter(ver0.1)

 コントロールセンターのトグルを拡張

・Sicarius(ver1.0)

 マルチタスク画面のSBタブを上フリックすることで、タスクをAllKill

・FakeCarrier(ver1.3)

 キャリア表示を自由に変更可能。(Piroは半角スペースのみとし、シンプルにしてます)

・HiddenSettings7(ver0.1-2)

 SpringBoardの隠し設定をコントロールセンターに表示

・MobiletTerminal(ver520-2)

 ルート、デバイスのパスワード変更に使用

・TetherMe(ver2.10-1)

 テザリング不可のキャリアでもテザリングが可能に

・TransparentDock(ver1.0.0-9)

 iOS7のドック背景を透明に

・Activator(ver1.8.2~rc1)

 タッチ操作に各種動作を割り当て。rc1よりスリープ機能が有効に


今のところ、まともに動作しているのはこんなものですが、結構満足感あります。

以上、今後も対応アプリが確認でき次第ご報告したいと思います。

【iOS7脱獄】コントロールセンターのトグルを拡張する「FlipControlCenter」

Piroです。

相変わらず、MobileSubstrateの問題でできることが少ないiOS7の脱獄ですが、いろいろ面白いtweakも出てきています。

そんな中、iOS7登場以来Piroが渇望していたtweakが登場しました。

Tweak名:FlipControlCenter
リポジトリ:【rpetrich repo】http://rpetri.ch/repo/
価格:無料

※12/28現在、同リポの「RocketBootstrap」導入が必須だと思われます。
※上記「RocketBootstrap」はPiroのA6デバイスiPhone5では正常に作動していますがA7デバイスでの動作は確認できていません。

コントロールセンターのトグルを拡張してくれます。

※通信環境が悪く、画像アップロードできませんので、後日アップします。

表示できるトグルは

・設定アプリ
・Wi-Fi
・VPN(中国では必須)
・自動ロック
・ローテーション
・リスプリング(脱獄環境ではよく使いますね)
・Bluetooth
・ロケーション
・データ通信
・お休みモード
・バイブレーション
・テザリング
・フラッシュライト
・3G
・サイレントモード

となっています。

設定アプリ内から、各トグルの表示、非表示、1列に表示するトグル数の設定が可能です。

これ、おそらくiOS7が発表されてから多くの人が待っていた、tweakじゃないでしょうか?

これでSBSettingsいらないかもしれません。


以上、iOS7脱獄依頼最も興奮したtweak紹介でした。

2013年12月25日水曜日

iOS7 脱獄 今の感じ

Piroです。

なーんもできないといわれてる、現状のiOS7脱獄ですが、iPhone5の現状を紹介します。

・iFileを使用し、「スライドでロック解除」の文字変更


・iFileを使用し、アイコン名を変更。(言語設定は日本語です)


・ちなみにFiveIconDockを使用すると、こんな感じでレイアウトが崩れます。


・HiddenSetting7でコントロールセンターに「SpringBoardSettings」出現


・中身はこんな感じです。色々できます。
 ちなみにフォルダの中にフォルダを作る設定、フォルダを2本指ピンチインで閉じる設定はなかなか使えます。


・Bootstrap導入で脱獄tweakの設定も表示しています。


・TetherMeも稼働中


・Cydiaもフラットに!

とこんな感じでまだまだできることには限りがありますが、チョコチョコいじってます。

以上、早くMobileSubstrateが正式対応することを祈ってるpiroでした。

2013年12月24日火曜日

iOS7 脱獄 Mobilesubstrate不具合を解決してみる

Piroです。

iOS7脱獄が可能になって2日ほどたちましたが、PiroのiOSデバイス環境「iPhone5」ではMobilesubstrateがまともに動かず、ほとんどの脱獄tweakが動作しません。

Activatorしかり、Tether Meしかり・・

という訳で、なんとかならんものかと調べ回った結果、暫定的に解決する方法をみつけました。

※情報ソースは中国語のサイトですので、安全性については未知数です。実施される際は「自己責任で」お願い致します。

で、その方法ですが・・・

PWN24Kリポジトリ
http://cydia.myrepospace.com/PWN24K/

を追加し、

「Bootstrap」をインストール、リスプリングもしくは再起動します。

Piroの環境ですと、この状態で「Activator」や「Tether Me」をインストールし直した所、一部不安定な部分がありつつも、うまく動作してくれています。

(この状態で、http://kindadev.com/apt/ リポを追加し、「HiddenSettings7」をインストールすると、コントロールセンターから「PrototypeSetting」(隠し設定)に入ることもできるようになります。)

近いうちに本家Mobilesubstrateもアップデートされるかとは思いますが、しばらくはこれで脱獄ライフが楽しめそうです。

以上

iOS7脱獄 LINE系アプリの動向

Piroです。

iOS6JB時代、執拗に脱獄対策を施してきたLINE系のゲームアプリですが、今回iOS7JBにおいてはどうでしょうか?

結果から言ってしまうと「今の時点ではOKぽい」

・LINEウィンドランナー
・LINE POP
・LINE ポコパン
・LINE バブル

など、有名どころはアラートもなく起動しています。


まぁ、今度のアップデートできっと対策されちゃうんでしょうけど。

以上、報告でした。

2013年12月23日月曜日

iOS7 脱獄 ~iExplorerでrootの中を見る方法~

Piroです。

iOS脱獄して、やりたいことといえば、rootの中身をのぞくこと!ですよね!

というわけで、晴れてiOS7脱獄がかないましたので、i-FunBox(ver2.6)で中身をのぞいてみました。

が!エラーが発生して表示すらしない。「iTunesを最新版に・・・・」というわけで最新版に更新してみたものの結果は同じ。うまくいってる人もいるみたいですが、Piroの環境ではNGでした。今のところ解決策なし・・。

ちなみに環境は

PC:Windows7
iOS Device:iPhone5 iOS7.0.3

というわけで、次にiExplorer(ver.3.2.4.2)を試してみたところ・・・rootが表示されない・・・

調べてみると、どうやらCydiaから「afc2add」というSystem Appを導入するといいとのこと。

実際試してみると、無事root内を見ることができました。

ただ、info.plistなどをワードパッドで確認すると文字化けの嵐。前まではこんなことなかったような・・

いずれにしても、もう少し熟成されるのをまった方がよさそうです。

以上。

iOS7 脱獄その後

Piroです。

iOS7脱獄後、ちょっとアプリをインストールしてみましたので、ご報告。(テキストだけですが・・)

・Five icon dock 

インストール→リスプリング後、一時的にドックアイコンは5つ並びましたが、アイコン同士が重なっている状態で、ドックからアプリを起動すると、その重なった部分がズームアップされて気持ち悪い・・。

更に、リブート後元の4つに戻ってしまい、5つ目を入れることができなくなりました。

アイコン系のIcon support系の問題・・・な気がする。

・iFile

インストール後、普通に起動。「登録してください」的なメッセージが出るものの、キャンセルで使用可。アプリのリネームも普通にできました。

ただし、登録者のみ使用できる「検索機能」等は使用できず、登録しようにもE-メールアドレス入力→完了 押した時点で落ちてしまい登録できず。

とりあえず、これもアップデート待ちな感じです。

以上。

iOS7 脱獄完了!

Piroです。

きましたね、突然来ましたね「iOS7 完全脱獄!」

とりあえず、下記Evasi0n7の公式HPからOS環境にあったツールをダウンロードしましょう。

http://evasi0n.com/

脱獄手順は

・ツールダウンロード
・解凍
・iOSデバイスをつないで・・
・ツールを実行
・iOSデバイスにevasiOnアイコンが出てきたらタップ
・しばらく待って完了!

ただ、あまりにも突然のツール出現だったため、対応tweakがほとんど無いそうな・・

mobilesubstrateすら未だ正式に対応してないという・・・

とりあえず、現時点で「mobile terminal」は稼働確認してますので、
脱獄したらデバイスとrootのパスワードだけは変更しておきましょうね!

※ちなみにPiroの場合、言語環境が日本語であるにもかかわらずCydiaが中国語設定になってしまいました。このような症状が出たときは、言語環境を一度英語に変更後、日本語に戻すことで正常に使用できるようになります。

※一応cydia内では「非対応」と表示されるものの「iFile」も使用できるようです。(すべての機能が動くかは未定

以上、久々の脱獄ネタでした。

2013年11月19日火曜日

【備忘録】カレンダーの日付が調整できない?!ときは

Piroです。

相変わらずiOS7脱獄 きませんねぇ。

evasi0nチーム、頑張ってくれてるようなので期待です。

で、また時計ネタ。

先日買った、人生初のオートマチック。何の気なしにカレンダーの日付を調整してみようと、リューズを一段引き、回してみたところ・・・・

カチカチカチっ・・・・・・半分ほど日付は動くものの空回りして動かない・・・

「こりゃ早速壊れたな」と思いつつも、さて本物の動きはどうかいな?とウェブ検索したところ、ありました。

「午後10時くらいから、12時までの間は、日付が変わるタイミングなんで、カレンダー調整しちゃダメです。カレンダーの調整は、針(長針だけでいいと思うけど・・・)を3時~9時より下の位置に集めて行いましょう」

ふむ、なるほど。

というわけで情報通りやってみたところ、おぉ。無事調整できました。壊れてなかったのね。

いろいろ試行錯誤した結果、今回購入したETA7750レプリカの場合、下図のように「3時~6時」の間に長針、短針を集めた状態でカレンダーを触れば間違いないみたいです。




いやぁ、機械式時計奥が深い。おもろいなぁ。

以上。

あ、先日からやってる「歩度調整」ですが、当初日差+120秒(汗)から始まり、-120秒(汗)を経て現在+20秒程度まできてます。

ただ、携行状態で、場合によって「超」+に・・・これはやっぱり精度の問題なんでしょうなぁ・・




2013年11月17日日曜日

Asian ETA 7750 の歩度を調整してみる

Piroです。

また時計ネタです。

先日調達した時計ですが、進む。どうにも進む。

そこで、遅れ進みの調整をしてみました。

7750ムーブの場合、下図①②で調整ができるみたいです。

基本的に①で調整②で微調整みたいですが、今回の物は外れ(もしくはこんなもん)だったようで、②の微調整ようレバーはクタクタで使用できそうもない感じ。

しょうがないので、①だけで調整してみます。


これ、「緩急針」」と呼ぶらしく、遅れ進みの調整用レバーなんですね。

ゼンマイで振り子運動してる金色のとこ(テンプ?)の振れ幅を調整して遅らせたり、進ませたりするようです。

で、7750の場合、①の+側にレバーを動かすと進み、-側に動かすと遅れます。

調整は、精密ドライバーや、細いピンセットでグイィと動かしました。(時計屋さんのやり方は不明)

突っ込みすぎると、テンプ(テンワとヒゲゼンマイ)がぶっ壊れるので自己責任で。


で、今回の物、ここが「超進み側」」に偏ってましたので、まずは適当に「遅れ側」にかなり大胆に調整してみました。


さて、どうなることやら・・・・


ちなみにこの時計、さすがレプリカ。裏蓋にパッキン類は一切なく、防水は「生活防水程度」だそうです(笑

まぁ、そんなもんでしょ。



精度については期待できませんが、中身の勉強にはなりそうな感じです。


さて、歩度調整のけっかがどうなるか・・・

歩度計なんて持ってないので、適当なスパンで遅れ進みを見いていこうと思います。


以上。

あ、ちなみに最初の設定では一晩で120秒程度進む感じでした。

オートマチックの時計にはまる

Piroです。

iOS7にて入獄生活に戻ってからというもの、ネタがなく、iPhone自体、「ただのスマホ」に成り下がってます。

はよこい、iOS7 JB!!


とはいえ、ガジェット好きのPiroとしては、なんか新しいおもちゃがほしくなるわけで・・・

買いました。おもちゃ。

人生初の「オートマチック腕時計!」


とはいっても、練習用。レプリカです。

(さすが中国、こういうのはどこでも入手可能です)

日本に帰ったらETA7750ベースの時計を購入したいと思ってまして、そのお勉強用に調達しました。

時計屋さんいわくムーブメントは「チーチーウーリン!」(7750)とのことですし、ネット上で見比べても、どうやらETA7750のそっくりサン(俗にいうAsian ETA 7750)みたいですね。

さぁてこれからバラして遊ぶぞ~(笑

以上、ブログの方向性が分からなくなってきたPiroでした。



2013年10月23日水曜日

「Apple ID パスワード再設定方法」というフィッシングメールが流行ってる。

Piroです。

入獄生活続きでネタ切れ気味ですが、なんとかやってます。

iOS7脱獄 はよ来い!

で、本題、こんなメールが届きましたよ。

Apple ID パスワードの再設定を案内してくれる、親切なAppleさんのふりしてますが、多分フィッシングです。

ネットで調べてもかなり黒に近い黒(黒やん)です。

当然、Apple ID パスワードの変更申請なんてしてません。

差出人は「applied@id.apple.com」

いかにもappleさんのID管理部門ぽいですね。

で、メール内のURLリンクの有効時間が3時間。これまたあやしぃ・・

おそろしくてPiroはクリックしてないので、この先どうなるのか解りませんが・・
(一部情報によると、クリックした時点でメール情報が抜かれ、詐欺メールリストに載っちゃうとか載っちゃわないとか・・)

まぁクリックした先にはApple ID とパスワード入力するページがあるんでしょうね。入力したら全部情報抜かれちゃうんでしょうね。

すでにネット上にたくさん情報出てますので大丈夫だとは思いますが、なんかの縁でココをご覧になった方は絶対にメール内のリンククリックしないように!


以上、久しぶりに怖いメールが来たPiroでした。

(でも、コレがくること自体すでにリストに載ってる気が・・)



2013年10月10日木曜日

iOS7 裏ワザ?小技? 「電波強度を数字で表示する」

Piroです。

またまた超有名「裏ワザ」ですが、一応備忘録かねて、アップしておきます。

電波強度の表示が数値になってます。


iOS7の電波強度は基本的に○○○○●みたいな丸5つで表示されますが、実は内部ではもっと詳細に数値(デシベルdBm)拾ってます。

また、この丸5つってのが曲者でして、数値自体は同じでも、キャリアによって表示が違うんです。(たとえば数値で-85dBmの場合、あるキャリアではバリ5,あるキャリアでは4個、またあるキャリアでは3個表示となったりします。)

そこで、絶対値となるdBm表示をすることで、公平に電波強度を見られるようになるわけですね。


まぁ、その必要があるのかどうかは・・・・気にしないということで。



で、実際の方法ですが・・

「フィールドテストモード」というのを利用します。

※フィールドテストモードの詳細についてはググってください。いっぱい出ます。

1.フィールドテストモードに入る。

 電話アプリを立ち上げ、ダイヤルパッドで「*3001#12345#*」と入力し、発信します。


 すると、下の画像のように「フィールドテストモード」が起動します。
いろんな情報が見られますので、いじってみてください。


 この状態で既に電波強度が数値化されていますが、このままホームボタンでホームに戻ると、通常のアンテナ表示に戻ってしまいます。そこで・・・

2.フィールドテストモードが完全に起動した状態で電源OFF

 そのまんま、フィールドテストモードの状態で、ON/OFFボタン長押しして電源を切ります。

3.電源を入れる

 これもそのまんま。ON/OFFボタンを押して電源を入れます。

以上(笑

簡単ですね。

これで、通常使用中も電波強度を数値で表示できるようになります。
(ちなみにこの数値0に近いほど電波が強いってことになります)

数値部分をタップすることで、アンテナ表示⇔数値表示の切り替えが可能です。

元に戻すには再びフィールドテストモードを起動し、ホームボタンでホームに戻ればOKです。


以上、お試しあれ。

※個人的にはステータスバーのスペースが増えていいかな?とも思ったりしてます。

iOS7 裏ワザ?小技? 「フォルダinフォルダ」

Piroです。

iOS7の入獄生活にもすっかり慣れてきた今日この頃です。

でも、ホームボタンいっぱい押さなきゃいけないのは精神衛生上良くないですね。


で、今日は最近話題(?)の「iOS7でフォルダの中にフォルダを入れる」です。

まぁ、バグなんですが。

早速方法を紹介します。

今回は下の画像中、「SNS」フォルダを「Book」フォルダに入れてみます。



1.マルチタスクを出す動作(ホームボタンダブルクリック)の2回目クリックと同時に入れるフォルダ「SNS」を長押しします。(ホームボタンは2回目押した後長押ししないのがポイント)
この時、下の画像のように、マルチタスクが表示され、左端のホーム画面内アイコンがプルプルモードになっていれば成功です。(フォルダが表示されたり、プルプルにならない場合1.をやり直し)

2.マルチタスクの左端、ホーム画面をタップして、ホーム画面に戻ります。
ここで、先ほどの「SNS」フォルダが下の画像のように微妙な感じになってるはずです。

3.次に入れる先のフォルダ「Book」をタップします。
すると、下の画像のように「SNS」フォルダが中途半端に残ってるはずです。

4.「SNS」フォルダを「Book」フォルダ内にドラッグすると・・できあがり!

ちなみに、元に戻したいときは、通常のアプリ同様アイコン長押ししてフォルダ外へドラッグすればOKです!

最初のタイミングさえつかめれば、比較的簡単にできますよ!


以上、是非お試しあれ~




2013年9月20日金曜日

iOS7 レビュー その2

Piroです。

iO7、一日使ってみた感想です。

・iOS7に最適化されていないアプリのキーボードがめっちゃ気になる・・


これ、LINEですが、キーボードが旧インターフェイスなんです。違和感バリバリ。


・設定アプリのバッジが消えない。

これ、多分脱獄iOS6.1.2から直接アップデートした影響かと思われます。(先程、入獄→アップデートした知人のは問題なかったので・・)

電源ON/OFF 復元(バックアップから)等試しましたが効果無し。唯一「工場出荷状態」にすれば解決しますが、失うものが大き過ぎて断念。

まぁ、気にせずいきますか。


ちなみに、バッテリーの持ちは待機状態では良好。使ってると、若干早いか?ってとこですが、これ、新しいインターフェース触りたさで、無駄に触ってるからだとも思われ・・

ちなみに噂されてたLINEの不具合はありません。

あ、ちなみに「RealRacing3」は結局 削除→Wifiで再ダウンロードでなんとか復活。

といってもデータ初期化、最初からになっちゃいましたが・・


以上、またおいおい報告しマッス!

2013年9月19日木曜日

iOS7 レビュー その1

piroです。

iOS7 とりあえず数時間使ってみた感想です。

デバイスはiPhone5 香港版 SIMフリー 32G


・動作は基本的に快適な範囲
・ただ、アプリ起動、終了時のエフェクトがカクツク場合あり。
・ページスクロールもiOS6と比較すると、滑らかさに欠ける感じ。
・キーボードはネイティブアプリではiOS7インターフェイス。サードパーティアプリ(LINEとか)は旧インターフェイス。アプリの対応待ち?
・レイヤ表示はなんか微妙。立体的に感じられない。
・アプリは今のとこ問題なく起動してる。
・ただ、「RealRacing3」だけどうしてもインストール完了しない・・
・写真アプリ、「バーストモード」(シャッター押しっぱなしで連射)は10枚/秒とまでは行かないまでも使用可。
・通知センターでカレンダーを先の日程まで表示できないのはやっぱり不便。
・アイコンがでかくなったのが何となく嫌(笑)(Springtomizeでアイコンサイズ80%にしてたので・・)
・iOSアップデートでいつも話題になる「バッテリー持ち」は未だ不明。


つうところで、全体的に悪くない印象ですが、ほんっとうにヌルヌル動かすにはiPhone5s必要かなって言う所です。

以上、もう少し使い込んだらまたレビューします。

iOS7 アップデート完了!

Piroです。

「脱獄犯」と謳っておきながら、入獄しました。

iOS7にアップデートしました。

人柱ってやつです。人柱。





以上、しばらく入獄生活おくります。

2013年9月16日月曜日

DOCOMO iPhone についてあれこれ。

Piroです。

久しぶりに書いてます。忙しい・・・

ところでいまさらですが、ついに決まりましたね、「DOCOMO iPhone」

Piro、日本ではDOCOMOユーザーなんで、うれしいことこの上ないわけですが、なんか色々問題もあるようで・・。


中国に住んでいるPiroにとって、一番気になるのは「SIMフリー化」だったんですが、結局これ、iPhoneは対象外になってるみたいですね。

やっぱり、iPhoneで囲い込もうってことでしょうか・・・まずもうここで残念。

そして、なんか他のキャリアさんと比較するとバカ高いらしいです。


実は、9月の終わりに日本出張が入ってまして、「5S買っちゃえ!」って思ってたんですが、意味ないのでやめときます。



あと、DOCOMOから出るiPhone5S,5Cってどのモデルなの?(iPhone5S,5Cにはそれぞれ5種類の仕様が準備されてます。ちなみにPiro的に5Cはあまり興味がないので、ここでは5Sについて語ります。)ってとこなんですが、5Sのモデル中、DOCOMOのLTE BAND19に対応しているのは・・

・A1533(GSM)
・A1533(CDMA)
・A1453

の3種類。

残りの

・A1457(カナダ向け??)
・A1530(TD-LTE対応なので多分中国向け)
(ちなみに中国のappleサイトを見ると謎のA1528なるモデルが・・何ぞこれ?)

はBAND19非対応。

で、DOCOMOの3G網はW-CDMA(UMTS)なので、CDMAモデルとなる、A1533(CDMA)とA1453は不要。

ツウことで、Piroの少ない知識から推測するとDOCOMO iPhone5Sはモデル「A1533(GSM)」かな?って思ってます。


Piroの個人的希望的観測(?)では、比較的安価で手に入る 香港モデル(SIMフリー)はDOCOMO同様A1533(GSM)モデル・・

・端末⇒香港SIMフリーモデル購入
・DOCOMO通信網でLTE,FOMAプラスエリアが使える!
・海外出張もこれでOK!

っとなる予定なんですが、さて・・・



いずれにしても、DOCOMOでiPhone、Piroにとってはいいニュースなのでした。

以上。

※早速追記。

ココの情報によると、日本モデルはA1453になるんだそうで。(3キャリアとも)
まぁ最強モデルっぽいので、良さそうですが・・・

香港がA1530だったらダメダメだなぁ・・

※さらに追記

どうやら、DOCOMO(というか日本)A1453 香港A1530みたいですね。
BAND19 使えんやん・・・

2013年8月31日土曜日

【備忘録】「Display Recorder」の動画保存場所とか

Piroです。

備忘録です。

iOSデバイスの操作を動画で保存できる、「Display Recorder」についての備忘録です。

・動画保存場所
 var/mobile/Library/Keyboard/DisplayRecorder/ 内

・設定に関して。
 ・iPhone5の場合、「OpenGLキャプチャ ON」「大きさ 半分」に設定すると画面の一部しか録画されない。
 ・動画の形式を「MJPEG/AVI」に設定すると、動画サイズが馬鹿でかくなる。


以上、備忘録でした。

iOS6をiOS7風にしてみた。【App起動・終了編】 

Piroです。

まもなく(9/10)iOS7が発表されると噂されていますが、未だに「iOS7風」やってるPiroです。


Appの起動・終了エフェクトを変更できる「Display Candy」のバージョンアップ(1.0.7-1)でiOS7風エフェクト「Zoom from Icon」が追加されました。

動作の雰囲気は下動画参照。


なかなかiOS7の雰囲気出てると思いますが、いかがでしょうか?

ちなみに「Display Candy」はBig BOSS リポで$2の有料Tweakです。

以上

2013年7月30日火曜日

「LINEポコパン v1.0.6」 にて「ts Protector P」対策される(涙

Piroです。

コメントにて情報を頂きましたので、記事にしておきます。

先日アップデートされた「LINE ポコパン v1.0.6」にて「ts Protector P」対策がとられました。

実際に試したところ、「ts Protector P」の設定を正常に行った状態でも・・

「お使いの端末は・・・」のメッセージが表示され、やはり起動不可でした。

とりあえず、現状では最新版の「LINE NO DETECT」にて脱獄対策回避が可能ですので、お困りの方はお試しください。

以上。

しかし、ホント脱獄対策ってイタチゴッコですねぇ・・・・

2013年7月5日金曜日

脱獄iOS6.1.2をiOS7風にしてみた その2

Piroです。

前回はロックスクリーン、ホーム画面をiOS7風にしてみましたが、この度、アプリのUIをiOS7風に変更できるWinterboardテーマが出てきましたので、使ってみました。

テーマ名は「iOS7 User Interface Theme

Theme名:iOS7 User Interface Theme
リポジトリ:【BigBoss】 【標準リポです。】 
価格:無料

インストールすると、Winterboard内にたくさんのテーマ(アプリごとに適用が切り替えられるよう)ができてますので、必要なテーマを選んで適用してください。

iOS7 Main UI ってのがSpringboard関係のUIであとはアプリごとって感じです。
※このようにテーマがたくさん展開されます

それぞれのテーマを適用した画像を紹介します。

・計算機
これ、キーを押した感がなくなるので、ちょっと嫌。

・天気

・Safari

・メール

・設定

・カレンダー

・コンパス
アプリ起動時に古いUIが一瞬出てくるのはなんとかならんのか・・・・

・ミュージック

・ボイスメモ

・メモ

・カメラ
こいつもなかなか曲者で、アプリ起動時(画面中央からズームインしてくるところ)のみ、旧UIが表示されてしまいます。(マルチタスクから落ちている時のみ)

そこで、調べたところ、この画像は Appplications>Camera.app 内の 「Default-568h@2x~iphone.png」という画像が原因だということがわかりましたので、

1.Camera UIのテーマを適用
2.1度カメラを起動し、マルチタスクに載せて、終了
3.カメラアプリを再度起動した瞬間にスクリーンショット撮影
4.3.のスクリーンショットを「Default-568h@2x~iphone.png」にリネームして Camera.app 内の画像に上書き(一応元画像はPCにバックアップ、もしくはリネームして保存しておきましょう)

という手順で無事起動時からiOS7風UIが表示されるようになりました。

※一応こちらに画像おいておきます Default-568h@2x~iphone.png


ちなみに今回は画像の量が膨大で、後戻りできなくなりそうな雰囲気があったのと、半分お遊びでやってますので脱Winterboard化はしてません。iPhone5ではストレスなく動いてますが、iPhone4などだとかなり重くなるのかもしれませんね・・

以上、なかなか雰囲気出てるかと思いますが、いかがでしょうか?

あとはアプリ起動時のエフェクト(レイヤーでアプリが展開されるみたいな効果)を再現してくれるTweakさえ出てくれれば・・・なんて思う今日この頃です。



2013年6月26日水曜日

JBアプリ入れすぎて、動きがおかしくなったらコレ!「Semi-Restore」




Piroです。

脱獄してると、次から次へ、新しいTweak入れたくなっちゃいますよね!

そしていつの間にか、なんか動作が遅くなって、挙句の果てには頻繁にセーフモード行き・・なんてことも・・ありますよね?

あるんです。はい。

で、そんな時、必殺の「復元」をしたいわけなんですが、iPhone4S以上のデバイスの場合最新FWでの復元となり、現状iOS6.1.3or6.1.4つまり「脱獄不可」な状態になっちゃうわけです。

そこで、最近登場したのが、この「Semi-Restore」ってツールです。

どんなツールかと言うと、簡単に言っちゃえば「脱獄状態(Cydia)を残したまま、ほぼ復元状態を再現できる。っていうツールです。

操作手順は簡単で、まずSemi-Restore.comから自分のOSにあったツールをダウンロードします。
あとは、「Semi-Restore」を起動し、iOSデバイスをPCに接続したらボタンを押して開始するだけ。

数分でSemi-Restoreが完了しますので、完了ボタンを押せば、デバイスが「ようこそiPhoneへ」からスタートします。

脱獄状態は維持され、Cydiaは残ってますがJBアプリは全て初期化された状態になります。


以下動画
以上、困ったときの「Semi-Restore」覚えておいて損はないですよ!

2013年6月20日木曜日

脱獄iOS6.1.2をiOS7風にしてみた。

Piroです。

あちこちでデザインについて議論が交わされているiOS7ですが、Piro的には好きな感じです。

ということで、iOS6.1.2をiOS7風にしてみました。

まずはロック画面


・壁紙は「Cult of Mac」さんとこからダウンロード
・「BytaFont」で「iOS7 Font」を適用しフォントを変更
・「SBSettings」でキャリア画像削除
・「WinterBoard」の「NEW iOS7 Signal Bars Theme」でアンテナアイコン変更
・その他透明化はココ参照。(カメラアイコンは個人的趣味で削除)

で、ホーム画面

・壁紙はロック画面同様
・フォント関係もロック画面同様「BytaFont」で「iOS7 Font」を適用。更に日本語フォントは「Japanese Font Pacages」(ichitaso secret repositoryさんhttp://ichitaso.wkeya.com/secret/)の「MCedar」フォントを適用
 ・アイコンは「iOS7 Theme」と「iOS7 redesigned Springboard」のハイブリッド(設定アイコンとか好みじゃなかったので)
・ドック部分は背景消しただけで、再現されてません。

Auxoは「iOS7 Auxo Theme」で雰囲気を再現



SBSettingsは「ThinLine SBSettings HD」テーマでコントロールセンター風に。


 Veloxは「iOS7 Velox Theme」で雰囲気だしてます

通知センターは「BlurriedNCBackground」で背景をブラー処理

以上、なかなかiOS7チックになったと思いますが、いかがですか?


Piroは変なこだわりがあって、Winterboardを使いたくないんで、Winterboardインストール⇒テーマを一回拾う⇒画像だけを抜き出し⇒元画像と入れ替え⇒Winterboard削除とか面倒くさいことやって、最終的にWinterboard不使用でこの状態にしてますが、Winterboard使えば本と簡単にここまでできちゃいますよ。



あ、そういえばスイッチャー関係の「CardSwitcher」でマルチタスクもiOS7風に
以上!






2013年6月17日月曜日

脱獄iPhoneにて「LINE タッチ タッチ」起動確認

Piroです。

脱獄iPhoneにて「LINE タッチ タッチ(v1.0.1)」起動確認しました。


脱獄環境は iPhone5 iOS6.2.1


LINE タッチ タッチ」もご多分に漏れず脱獄対策が施されています。

今回も脱獄対策回避に使用したのは「tsProtector P」です。

以上

2013年6月13日木曜日

iOS7のロック画面って・・・・

Piroです。


ふと思ったんです。iOS7のロック画面、「Piroのカスタムロック画面とそっくり!」


左がPiroのロック画面、右がiOS7のロック画面、ま・さ・に・先取り!


以上。どうでもいいお話でした(笑


iOS7 「FolderEnhancer」まで!?


Piroです。

最近iOS7ネタばっかりですが、もう一個。

iOS7から「フォルダ内に収められるアプリの数量制限が無くなった」んですね。

今まで、通常ではiPhone4で12個、iPhone5で15個までの制限があり、「FolderEnhancer」を使用して制限解除(1つのフォルダに入れたいだけ入れられる)してたんですが、こりゃもう必要ない感じ。

まぁ、外観をカスタマイズしたり、フォルダ展開速度が速くなったりと、まったく必要性が無いわけじゃないですが、「一番おいしいところ」が取り込まれてるんですね。


以上

いやぁ、やっぱりiOSは脱獄アプリが育ててるってことでしょうか。

iOS7脱獄の憂鬱「Zephyr」


Piroです。

なんかよくわからないタイトルつけてみましたが、iOS7を脱獄した際、Piroが大好きな脱獄アプリが使えなくなる心配がでてきました。


それは・・・・


「Zephyr」


既にあちこちで話題になってるので、知ってる方も多いかと思いますが、iOS7には「コントロールセンター」って機能が追加されてます。

この「コントロールセンター」の呼び出し方法が

「画面下から上スワイプ」




そう、「Zephyr」のアプリ終了、マルチタスク呼び出し動作と完全にかぶってるんです!

これで、僕らをホームボタンから解放してくれる「Zephyr」も終わりになっちゃうのか、はたまたスーパーアイディアで「Zephyr」と「コントロールセンター」の共存を実現してくれるのか・・・・


(個人的には画面下、左、右で「Zephyr」機能、中央で「コントロールセンター」とかってできないかなって思ってますが・・)


以上。

2013年6月11日火曜日

iOS7 は「Liveclock」機能内包?!





Piroです。

昨日(本日?)WWDCにて[iOS7」が発表されました。正式リリースは秋ごろとのことですが、気になりますね。

フラットデザインの採用に始まり、SBSetting殺しの「コントロールセンター」や、マルチタスク機能の大幅な変更、ジャイロセンサーを用いた壁紙レイヤーとアイコンレイヤーの3D表示(3Dboard)なんかも追加されており、一部では「これでも脱獄必要??」などともささやかれてます。

そんななか、Piroが「お?」と思った動画を発見しました。

これ、beta版をインストールした方が公開したものなんですが・・・






気づきました?!


そう、時計アイコンの秒針が動いてるんです!。ステータスバーの時計表示が3:28 アイコンの表示もぴったり3:28になってます。

これ、まさに脱獄tweak「Liveclock」そのまんまじゃないですか!


さまざまな脱獄「tweak」を内包していると思われる「iOS7」登場が待ち遠しいですね!


以上

ちなみにPiroは「Zepyr」や「Activator」がどうしても使いたいので、beta版導入は見送っております。